2008年11月14日

小規模企業共済等掛金控除額 所得控除

こんにちは、管理人のちっちでするんるん

今回は「小規模企業共済等掛金控除額 所得控除」についてお話します。

○小規模企業共済等掛金控除の対象者○
・本人

○控除額○
支払った金額の全額

○控除の対象となる小規模企業共済等掛金○
1.独立行政法人中小企業基盤整備機構と結んだ共済契約に基づく掛金
2.確定拠出年金法の規定により、国民年金基金連合会が実施する個人年金の加入者掛金
3.地方公共団体が条例の規定により実施する一定の心身障害者扶養共済制度に基づく掛金

◆1について◆
1は「小規模企業共済法第2条第2項に規定する共済契約の掛金」をいいます。
中小企業の社長さん・事業主さんは、廃業・退職した場合に支払われる共済金です。
これはいわゆる「社長さん・事業主さんのための退職金制度」と言えるでしょうぴかぴか(新しい)

◆2について◆
2は加入者が運用対象、掛金を決定し、その運用結果により将来受け取ることができる年金受給額が変動する年金制度です。
数年前から実施された制度で「個人型401k」とも呼ばれています。

◆3について◆
3は地方公共団体の条例により、心身障害者を扶養する者を加入者で、その加入者が地方公共団体に掛金を納付し、その地方公共団体が心身障害者の扶養のために給付金を定期的に支給することを定めた共済制度です。

○その他○
給料から差し引かれた小規模企業共済等掛金は、そのまま控除されているので、一人別の源泉徴収簿を使い集計しておきましょう。
その他に本人が直接支払った小規模企業共済等掛金がある場合には、支払った額を聞いておきましょう。

以上、「小規模企業共済等掛金控除額 所得控除」でしたm(_ _)m
posted by ちっち at 12:06| 年末調整の仕方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。